スルスルこうその原材料

スルスルこうその原材料

昨今ダイエットに有効として注目を集めている酵素サプリメントですが、その魅力の一つは作用と副作用のバランスが心配されがちな医薬品と違って原材料が天然由来と分かりやすく、数あるダイエットの選択肢の中から安全な印象を抱きやすい点です。

「スルスルこうそ」の主たる原材料は小麦ふすまを発酵製造したダイジェザイム(穀物発酵エキス)を始め、ヨモギやレイシ、高麗人参など80種類以上からの野草から抽出した野草発酵エキスとなっています。

穀物発酵エキスとは炭水化物を分解するアミラーゼ、蛋白質を分解するプロテアーゼ、脂質を分解するリパーゼ、野菜や果物の細胞壁を壊して分解しやすくするセルラーゼ、牛乳や母乳に含まれる糖分(乳糖)を分解するラクターゼの5つの消化酵素の働きを活発にするものです。

消化とは単に口から入った食物を細かく分解することだけではなく、最後に小腸で栄養が吸収されるまでのことを指すのですが、糖質や脂質の摂りすぎを悩んでダイエットを意識しなければいけない人にとって体内吸収という言葉は漠然と良いイメージを抱かれないことも少なくはありません。

ですが、生来もちあわせた体内の酵素を効率よく働かせる環境を整えれば、無理のある我慢やそれによるストレスを遠ざけることもできます。

もともと農耕民族である日本人の腸は植物性の栄養素を消化することが得意であり、動物性の油脂や蛋白質を消化する力は狩猟民族である欧米諸国の人々よりも低いのです。

昨今の欧米化された食生活が中心になると植物由来の栄養を中心とした栄養バランス作りは忙しい現代では特に難しく、特に摂りづらくなっているのは食物繊維とミネラル類です。

「スルスルこうそ」の原材料の中では、食物繊維を多く含む穀物発酵エキスやビタミンやミネラルを凝縮した野草発酵エキスがこれを補う成分構成となっています。


これまでに多くのダイエット食品が紹介されてきましたが、いかによく体外に出すか、あるいは吸収させずに済むかという点にばかり注目が集まりがちでした。

たしかにそれらも大事な要素ですが、体重や鏡に映る自分の姿、血液検査の結果数値といった目に見えて効果が分かりやすい点にしか意識が及ばないがばかりに、いくら実践しても改善されないという挫折の声をあげる人のケースも少なくありません。

体内に入れたものをいかに無駄なく糧にするかということに注目すると、自ずと視点は消化の最終地点である腸に集まります。

腸内環境を整えると言ってぱっと浮かびやすいのはヨーグルトの乳酸菌が筆頭でしょう。

「スルスルこうそ」の原材料にも乳酸菌は含まれていますが、多くの消化酵素の活性化を促す効果のある種々の発酵エキスを加えることによって、より一層体内環境を整え維持する手助けとなり、食生活を振りかえって充実させるためのきっかけにもなるでしょう。

体内の酵素は10代から20代をピークに生産が減少し、バナナやアボカドといった様々な食品に含まれる酵素も加熱によってすぐに壊れてしまうため、食事のみで取り入れるのは現実的に考えると難しいです。

しかし酵素とは人間の生命活動に不可欠なものであり、その数が極端に不足してしまうと酵素の働きが息届かず肥満や種々の体調不良の根本原因の一つとなってしまいます。

特に睡眠と酵素の関係は密接であることは見落とされがちです。

酵素は日中の活動で消費され、睡眠中に補われるからです。

どうしても夜更かしが起きやすい現代ではこうしてサプリメントという形で上手く補って体内の摂取と消化のサイクルを正しく理解し、その上で維持することが、食事や睡眠のタイミングや質も多様化した現代社会での健康維持に繋がるといえるでしょう。
 

このページの先頭へ